減量してもリバウンドする原因は、人間本来の能力だった!

減量してもリバウンドする原因は、人間本来の能力だった!

ダイエットをするときどんな人でも心配なのが

リバウンドして以前より太ってしまうことです。

何が原因で、ダイエットをするとリバウンドしやすいのでしょう。

ダイエットをしたけれど、

結果的にリバウンドしてしまったという話はよく聞きます。

 

減量などで減らした体重が、急激に元に戻る現象がリバウンドです。

時には、ダイエットをする前より体重が多くなる人もいます。

 

リバウンドと減量が何度も続いていると、

徐々に運動や食事制限の効果が出づらくなって、

ダイエットがうまくいかなくなります。

 

リバウンドは人間本来の能力だった!?

なぜ減量するとリバウンドは起こるのでしょうか。

リバウンドは人間が持つ環境の変化に適応する能力です。

 

もともと人の体は、エネルギー供給が著しく減少した時などに、

ホメオスタシスという働きをします。

リバウンドの引き金は、

その人間本来の能力、ホメオスタシスだったりするのです。

 

身体からすれば、ダイエットが目的であるということは知りませんから、

急に食事量が少なくなれば、一時的なトラブルが発生していると解釈します。

食事の補給が一時的に途絶えても、体温や内蔵機能に支障が出ないように、

人の身体は最低限のカロリー消費で済むように体を調整し、

過酷な環境でも生き延びられるようにします。

 

 

減量後のリバウンドは、

ダイエット前の食事に戻しても体の状態は非常時状態のままですから、

カロリー消費量が少ないままになって時に発生します。

 

体重の減り具合は、減量の最中で、滞ることがあります。

停滞中に諦めて減量を断念せず続けることでリバウンドを防ぐことができるでしょう。

Go Top