ダイエットでリバウンドを防ぐ4つの正しい方法!

ダイエットでリバウンドを防ぐ4つの正しい方法!

減量を続けていく中でリバウンドが起こるのは、

人間の特性上ある程度仕方のないことです。

そのリバウンドを少しでも防ぐためには、

筋肉が衰えないように運動を続けることと、

体に必要な栄養は確保した上で減量をすることが重要です。

リバウンドの少ない減量をしたい時には、どんな方法があるでしょう。

 

基礎代謝を高めよう!

減量と並行して筋トレなどをして、基礎代謝を高めるという手法が存在します。

摂取カロリーを減らすことで減量をするという方法をとると、

筋肉が落ちて代謝が低くなり、脂肪の燃焼効率が下がることがあります。

 

大豆や、脂身の少ない肉を食べることで、

筋肉の原料となるたんぱく質を摂取できますので、

その上で運動をして、筋肉を増やすといいでしょう。

 

食事制限は控えめに!

骨量を減少させないためにも、過激な食事制限はやめ、

栄養のバランスを意識した食生活を心がけましょう。

 

食事の分量をいきなり減らすような減量をした時に発生しやすいといいます。

体重はすぐ減りますが、最低限必要は栄養が摂取できず、

筋肉量が低下するため基礎代謝が落ちてリバウンドしやすくなります。

 

減量の方法には、

一回の食事を、りんごならりんご、キャベツならキャベツと、

同じものを食べ続けるというものがありますが、

リバウンドのリスクの高い方法といえます。

 

薬に頼るのは厳禁!

腸にあるものを下剤で出して、体重を減らすという減量もありますが、

薬に頼って排出を促すだけでは、本質的な意味での痩身ではありません。

 

減量のために下剤を常に飲んでいると、

脱水症状になったり、リバウンドを起こしたりするものです。

リバウンドのリスクだけでなく、減量が体によくない影響を与えたせいで、

生理が滞ったり、骨粗鬆症や過食症になったりします。

 

1ヶ月の減量は体重の5%以内!

1か月の減量目標の目安は体重の5%以内にし、

停滞期に入ったとしても1か月以上はダイエットをあきらめずに続けましょう。

いまの体重が50キロなら1ヶ月の減量は最大でマイナス2.5キロまでとなります。

 

停滞期は体重が減りにくかったりしますが、

もともとそういうものですので、

気にせずにこつこつと継続することが大切です。

 

 ダイエットは健康的に正しい方法で!

もしも減量をするならば、

リバウンドが起きそうな要因は排除しておくことがポイントになります。

とくに減量のために極端な食事制限をするのは

一番リバウンドの原因になりますので注意しましょう。

 

リバウンドのない減量をするためには、

体に負担にならないダイエットをすることです。

 

どの減量方法が自分にとっていい方法かきちんと考え、

一過性のブームに流されないようにしましょう。

リバウンドを防ぐためだけでなく、

健康のためにも正しい方法で減量を行うことが大切です。

Go Top