Beauty Porter(ビューティーポーター)は、スキンケアやボディケア、ダイエットや話題のサプリ、脱毛やエステなど、この瞬間も美しい女性であるための美容情報サイトです!

妊娠中のダイエットがダメな理由!

妊娠中のダイエットがダメな理由!

妊娠中にダイエットをしたいという女性は少なくないようです。

健康な出産のために太りすぎたくないという人もいます。

確かに、妊娠中は体重の管理は必要で、

また、太りすぎが原因となる弊害もあるのは事実ですが、

本格的なダイエットまでする必要があるのでしょうか。

 

妊娠中に太りすぎると起こること!

妊娠時に体重がふえたという女性はよくいます。

下腹部の皮下脂肪がつけば胎児を守ることがてぎますし、

カロリーもキープできます。

 

けれども、妊娠中毒症や、妊娠糖尿病の背景には、

母胎の太りすぎが原因のひとつとしてあります。

これ以外にも、妊婦が太りすぎることの弊害はあります。

 

妊娠している時は、体重が増えすぎないように、

日々の活動量や、食べる量をコントロールしなければいけません。

 

ただ、本格的なダイエットを行って

蓄積したカロリー消費しようという考えはやめましょう。

 

妊娠中のダイエットで起こる悪影響!

妊娠時でも痩せ型でいたい!きれいなままで妊娠したい!

という気持ちが女性の本音だと思いますが、

妊娠している時はダイエットはすべきではありません。

 

また、妊娠すると、

病院からはこのくらいのペースで体重を増やすようにという指導がありますが、

病院の指示より体重が増えたからといって、

本格的なダイエットに取り組むこともよくありません。

 

激しい運動や、過激なカロリー制限は、

妊娠中の健康状態に悪影響です。

母親の体に貯め込まれているカロリーは、

妊娠初期の胎児はそれほど必要としていませんが、

後期になればカロリーを消費して成長に回していきます。

 

妊娠中にダイエットをしすぎると、

お腹の赤ちゃんまで栄養失調になってしまいます。

しっかり育たないまま出産すると、

子供の発育不良や、合併症がおきることがあるといいます。

 

また最近では、妊娠中に母胎がしっかりと栄養をとれていないと、

子供が肥満になりやすくなることが指摘されています。

 

ホメオスタシスという体の機能に関係しますが、

発育過程の栄養量がわずかだったために、

以後も栄養はできるだけ使わず体に貯めこもうとする体質になってしまうのです。

 

胎児に十分な栄養を送り届け、

また生まれた後も子供に悪影響を与えないためにも、

妊娠中のダイエットは控えましょう。

 

お医者さんの指示が絶対ではない?

妊婦の体重増加度合いは、

実は、産婦人科ごと・お医者さんごとに異なっているんです。

厚生労働省から目安が出されておりそれに沿っているのですが、

当たり前ですが、妊娠は病気ではありませんので、

お医者さんも意外とアバウトなんです。

 

病院での指示と多少体重の変化が異なっていたとしても、

それを悩んでしまうのは体にもよくありません。

 

妊娠していると、母胎の脂肪量やコレステロールの値は、

どうしても高くなってしまうものですので、

妊娠中の体重は、おおらかな気持ちで加減しましょう。

 

太りすぎはよくないのですが、

母子共に健康な出産ができるように、

妊娠中は、ダイエットをしないで済むように意識することが大事です。

同じカテゴリーのおすすめ記事

カテゴリー