妊娠中、ダイエットをせずに済む体重管理の方法!

妊娠中、ダイエットをせずに済む体重管理の方法!

妊娠中は体重の増加スピードを調節することが大事ですが、

ダイエットをするような状況にはならないことが重要です。

 

妊娠していると、産婦人科で言われたことや、

妊婦用の雑誌の内容を守ろうとして、

ダイエットで体重を減らしたいと考える女性もいるようです。

 

ただ、妊娠中のダイエットは胎児に悪影響を与えかねません。

 

妊娠中、ダイエットをせずに体重管理をする方法!

ダイエットをしないような体重のつけ方をしたいなら、

どうすればいいでしょう。

 

ポイントとなることは、やはり何といっても

食習慣と、生活習慣を整えることです。

 

毎日同じ時間に体重をはかるようにすることで、

体重を管理するモチベーションもアップします。

妊娠中は体を動かす意思が低下する人も多いですが、

普段どおりくらいの散歩や、軽い家事はする習慣をつけるといいでしょう。

 

食事のことを考えた場合には、

やはり和食ならカロリーを抑えることができます。

また、一汁三菜にすることで栄養バランスが整えられます。

 

塩分過多にならないように、香味野菜など薬味を活用したり、

お酢を使う料理にするなど工夫をするといいでしょう。

 

ご飯の盛りつけ量を減らすために茶碗を子どもサイズに変えたり、

食事の分量とメニューを書いてみるのもおすすめです。

 

ダイエットをしなくても平気な状態にすることが大切ですが、

もし妊娠中に栄養バランスのとれたものを食べた結果として体重が増えたのならば、

その体重がその人に最適な体重なのかもしれません。

 

妊娠は病気ではありませんので、

産婦人科で指示された体重や雑誌などに記載されていることは、

あくまでも目安と考え、

あまり神経質にならない方が良いでしょう。

 

特に初めて妊娠された方は、不安が多いと思いますが、

お医者さんに言われた体重と多少ずれていたとしても、

あまり悩まず、余裕のある気持ちでいることが大切です。

Go Top