有酸素運動でダイエットするための、みんな知ってる基礎の基礎!

有酸素運動でダイエットするための、みんな知ってる基礎の基礎!

ダイエットの方法はたくさんありますが、

運動や食生活の改善、食事制限などが一般的でしょう。

 

食事の見直しであれば、

栄養バランスやカロリーなどに気をつけるように心がけなければいけません。

また、ダイエット目的の運動をするのであれば、

有酸素運動がおすすめです。

 

有酸素運動がダイエットに向いているのはなぜ?

有酸素運動とは、

体内にコンスタントに酸素を補給しながら、

ずっと長時間やり続けることが出来る運動を指します。

比較的弱い力が筋肉に継続的にかかり続ける時は、

エネルギー源として体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させて使います。

そのため、ダイエットのときには適しているのです。

 

有酸素運動とは別に、無酸素運動というのもあります。

無酸素運動は筋トレや短距離走(全速力)など基本的にはハードな運動で、

長時間継続的に行うことは困難です。

ハードな運動の時には、

筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)を主原料として使います。

 

ダイエットには、

体力的に運動し続けることが可能であり、

体脂肪の燃焼につながる有酸素運動の方がよいのです。

 

有酸素運動を実践するときの基本!

有酸素運動の典型で、

ダイエットのために行う運動としてあげられるものは、

ウォーキング、ジョギング、サイクリング等です。

 

いつどのように有酸素運動を実践すると、

効果的なダイエットをすることができるのでしょうか。

 

まず、有酸素運動で、脂肪燃焼が本格的に始まるのは、

運動を開始して20分程度経ってからです。

 

実際には、20分経っていなくても脂肪は燃焼されるのですが、

その間は主に糖質をエネルギーとして使ってしまっているため、

エネルギーとして使う脂肪の量・脂肪の燃焼する量が少ないのです。

運動開始から20分程度経つとで、ようやくエネルギー源の主体が、

糖質から脂肪に変わるのです。

 

ダイエットのために有酸素運動をするのであれば、

朝起きた後の朝食前がいちばん効果的です。

 

体内に溶けている糖が少ない朝食前なら、

体脂肪をスムーズに燃焼させられます。

 

また、朝にまず運動をしておけば、

日中にいつも通りの生活をしていても、代謝が向上するのです。

規則正しい生活を送るためにも、

朝、起きたらまず運動をするという習慣づけをしておくことが

効果が高いといいます。

 

ダイエットのために運動をしてみようという人は、

朝早く起きて朝食前に、

軽い有酸素運動を20分以上実践する習慣を身に付けると良いでしょう。

Go Top