Beauty Porter(ビューティーポーター)は、スキンケアやボディケア、ダイエットや話題のサプリ、脱毛やエステなど、この瞬間も美しい女性であるための美容情報サイトです!

背中にニキビができる3つの原因とその対処方法!

背中にニキビができる3つの原因とその対処方法!

にきびは顔だけでなく、体にも出来ることもあります。

実際に結構多くのひとが悩んでいるのが、

背中ににきびが出来てしまうことです。

背中にきびのケアは、どのようにケアや対策をすれば良いのでしょうか。

 

背中ににきびができる要因は様々なのですが、

皮脂や汗、シャンプーの刺激や下着の締め付けなどが原因の場合が多いようです。

 

背中も顔のにきびと同じ!汗や皮脂には要注意!

背中に汗をかいたらすぐに拭くようにすると、にきびはかなりケアできます。

汗と皮脂汚れをつけたままの下着をいつまでも着ていないようにして、

着替えをまめにすれば、背中の状態は改善します。

にきびが背中にたくさんできている状態で、

服の中側がむしむししていると、にきびが多くなってしまいます。

 

背中の中心ににきびができている場合には、

皮脂が原因となっていることがあるので、

お風呂のときにしっかりと洗うようにしましょう。

ボディーソープに含まれる添加物が合わない人もいるので、

低刺激の石鹸や無添加の石鹸を使うのも、背中のにきびケアには有効です。

 

下着の繊維やサイズが原因の場合も!

もしもにきびが下着の線に沿ってできているなら、

下着が肌を刺激しているのかもしれません。

サイズ違いで肌に摩擦を受けていることもあれば、

化学繊維が肌に合っていないケースも存在します。

 

下着が小さすぎたあり、引き締めが強いと、

皮膚と下着の接点が強くこすられている可能性があります。

サイズに合わせた下着を着ているかどうかを、改めてチェックしてみるとよいでしょう。

 

化学繊維が肌に合っていないと思われる場合には、

吸水性のいい綿100%の下着を身につけることがおすすめです。

 

シャンプーが体についたままには気をつけて!

また、シャンプーをしっかりすすぐことも大事なことです。

髪を洗った後に体を洗うという順序の方は良いのですが、

逆の順序の場合、体にシャンプーなどの洗髪料が残ってしまうこともありますので、

体についた洗髪料もよく洗い流さなければいけません。

 

にきびケアを意識した体の洗いかたは、

決して皮膚をタオルで摩擦せず、触り心地のいいタオルで優しく洗います。

肌にやさしく刺激が少ないことをウリにしている

体洗い専用のタオルやスポンジも販売されていますので、

背中のにきびが気になるひとは、そういったものを使うとよいでしょう。

 

背中のにきびケアを自分で行っても、なかなか改善されない場合や、

また、そもそも症状がひどい場合には、

やはり皮膚科に相談することをおすすめします。

同じカテゴリーのおすすめ記事

カテゴリー