Beauty Porter(ビューティーポーター)は、スキンケアやボディケア、ダイエットや話題のサプリ、脱毛やエステなど、この瞬間も美しい女性であるための美容情報サイトです!

ウエストのシェイプアップで腹筋はダメ!ピラティスが良い理由!

ウエストのシェイプアップで腹筋はダメ!ピラティスが良い理由!

ウエストが太いと、体の他の部分が細くても、

どうしてもスリムに見えません。

そのためか、ウエストのシェイプアップをしたいと思っている人は多いようです。

 

ふつうのダイエットのように食事を制限するひともいますが、

それでは残念ながらウエストをスリムに引き締めることはできないでしょう。

食事制限をすれば、もちろん体重を減らすことはできるのですが、

ウエストは依然としてたるんだままのことも多いです。

実際に食事制限でダイエットを実践した人の中には、

体重は減ったけれど、お腹は大きいままという人もいるでしょう。

 

では、ウエストを重点的にスリムにするには、

どのような方法があるのでしょうか。

 

ウエストのシェイプアップで大切なこと!

ウエストのシェイプアップでは、

下腹を引き締め腰まわりを細くする、

ウエストを鍛えるような方法を実践することが大切です。

 

単に食事を減らすだけでは、ウエストを細くすることはできませんのが、

やはりカロリーの摂取しすぎなどは、

ウエストをシェイプアップする以前の問題です。

食べすぎだと感じるのであれば、

食事制限によるダイエットとウエストのシェイプアップを並行して実践しましょう。

 

ウエストを効率的にシェイプアップさせるには、

腹部のインナーマッスルを鍛えることが必要です。

 

ウエストのシェイプアップの実践方法!

ウエストのシェイプアップと聞くと、

いわゆる筋トレの腹筋を思い浮かべるひとも多いと思いますが、

筋トレの腹筋は、実は腹筋だけでなくではなく、背中の筋肉を使っていたり、

腹筋部分だけに効かせることが難しいのです。

また、運動としてもハードで、

慣れてない場合、腰を痛めたりすることもありますのであまりおすすめできません。

 

そこでおすすめなのが、ピラティスのエクササイズです。

ピラティスでは、筋トレの腹筋と比較すると、

ハードなものではなく、またインナーマッスルに働きかけることが出来ます。

ウエストのシェイプアップであれば、

腹部のインナーマッスルに効くエクササイズを毎日実践すれば良いのです。

 

また、便秘気味などでお腹がポッコリしている場合にも、

体を動かすことで内臓が働きやすくなりますので、

ウエストのシェイプアップも効果的に行えるでしょう。

 

同じカテゴリーのおすすめ記事

カテゴリー