Beauty Porter(ビューティーポーター)は、スキンケアやボディケア、ダイエットや話題のサプリ、脱毛やエステなど、この瞬間も美しい女性であるための美容情報サイトです!

腹横筋に効く歩き方!ウォーキングでウエストにくびれを作る!

腹横筋に効く歩き方!ウォーキングでウエストにくびれを作る!

いくらダイエットなどをして体重を落としたとしても、

ウエストが太く寸胴な体型ではスリムに見えませんね。

なんとかウエストのシェイプアップをして、

くびれを作りたいと思っている人も多いでしょう。

 

まず、ウエストを細くする、くびれを作るために重要なのが、

腹部のインナーマッスルを鍛えることです。

インナーマッスルを鍛えるにはピラティスのエクササイズなども有効です。

 

腹部のインナーマッスルの中でも、腹横筋という筋肉を刺激することが、

ウエストのシェイプアップには有効です。

ウエストにくびれが欲しい人は、

腹横筋を使う運動を重点的に行うとよいでしょう。

 

そもそも腹横筋とは?

一般的に腹筋というと腹直筋のことであり、腹直筋が鍛えられると、

特によく男性が望む「腹筋が割れてる」という状態になります。

ただ、これは腹横筋とは異なる筋肉です。

 

腹横筋は自前のコルセットともいわれ、

腹の両サイドから体を覆っている場所にある筋肉のことです。

腹横筋は、意識せずに過ごしているとほとんど使わないくらい深い場所にあり、

日頃は、滅多に使うことがない筋肉といえます。

 

コルセットのような役割がある筋肉なので、

前後左右すべての方向から中心に向かって押し込んでくれる作用があります。

お腹に力を入れて笑ったときなとは、腹横筋に負荷がかかります。

 

天然のコルセットと呼ばれる腹横筋があまり使われないと、

締め付けが軽くなり、たるんだお腹になります。

 

毎日運動をしているのに、ウエストが細くならないという人もいますが、

腹横筋を意識した運動をしていないからかもしれません。

ウエストのシェイプアップ効果を期待して運動をする場合は、

腹横筋を使うようなものを心がけるといいでしょう。

 

意識してウォーキングすれば腹横筋を鍛えられる!

実は、有酸素運動の代表格のウォーキングで、

腹横筋を使って鍛えることも出来るのです。

ダイエットをしている方の中には、

ウォーキングを毎日実践しているひともいるでしょう。

 

ウォーキングをすれば、体内に蓄積されている脂肪を燃やすことができ、

もちろんダイエットに効果はあります。

ただ、腹横筋を意識した歩き方をしなければ、

ウォーキングでウエストにくびれを作ることは困難です。

では、どんな歩き方がウエストにくびれを作るのに効果的でしょう。

 

まず、よい姿勢でウォーキングをすることが運動効率を高める鍵を握ります。

ただ、姿勢を良くすることばかりに集中しすぎると、

背中に力が入りすぎたり、腰痛になることもありますので、

ウォーキングをする時には、

腹部と背筋を同じくらい使う気持ちで行いましょう。

 

ウォーキングでウエストのシェイプアップを目指す場合は、

ウエストの筋肉をイメージすることがポイントです。

腕を元気よく振りながら歩くことを心がけましょう。

腕をしっかり振って歩くと、

脇腹からお腹にかけての腹横筋を使うため、

ウエストのシェイプアップ効果を上げることが出来るのです。

 

また、腹横筋と腹直筋とはつながっているため、

どちらも使う運動をすることで、ウエストのシェイプアップ効果が高まります。

踏み出す足を高めにあげて、腹筋で足を高く上げるように心がけることも有効です。

 

ウォーキングをするときに、腕を大きく振ったり足を高く上げたりと、

一見すると、大した工夫では無いように見えますが、

ウエストのシェイプアップをして、くびれを手に入れるには本当に効果的です。

ぜひ、ウエスト周りを意識したウォーキングを心がけましょう。

同じカテゴリーのおすすめ記事

カテゴリー